【夕張あきんど屋】
   夕張メロンは「せり値」にほんの少し利益をのせた価格で毎日販売させて頂きます。
  
※夕張友酉市場 買受人番号35

夕張あきんど屋
【地元夕張より直送】夕張メロンを毎日の「せり値」に、ほんの少しプラスの価格で販売します
HOMEオンラインショップショッピングガイドユーザーサポート店舗&オフィスお問い合わせ通信販売規約プライバシー
夕張あきんど屋「一生夕張日記」
 
 
一生夕張日記【9】
〈地域貢献〉
 
4月に入ると一気に雪解けも進み、店舗前の駐車場も全て路面が見えてきたある日、いつもの知り合いが店に来て突然、「テントを表に張ったら」との事。僕は売り場を広げて売上向上の為かと思いきや、その方曰く、自分の方であとはイスと机を用意してあげるので、お客様や地域の方が買い物ついでにおしゃべりでもできる場所を作ってあげなさい、とのアドバイス。今回の破綻で市の連絡所・集会所・会館などが一部閉鎖されるなど、地域の人達の大切なコミュニケーションの場が少なくなってきている。当店で出逢った人達が、久し振りでも、一週間に一回でも街の最新情報、役に立つ情報を交換しあったり、お互いの健康状態を心配しあったりと、高齢者の多いこの地域ではそんな場所が絶対に必要との事。こんな小さな店でも存在意議がかなり高いとその方は言う。別にも、店にパソコン・FAXなどもあるだろう、それが災害時とかには何かしら役に立つとも言う。だから必死に頑張って長く長く商売を続けなさいと激励もしてくれる。いままで僕は良い品を安く販売して行くこそが大切な事と思って居り、この店の存在意議など考えた事もありませんでした。まだ良く言っている意味は理解できませんが直ぐにテントを張る準備をしなきゃ、そして雪と寒さの問題もありますが、もしおじいちゃん、おばあちゃんたちがこんなテントを利用した場所を喜んで使ってもらえる様でしたら、年中使用できる様にしたいと思います。テントが“地域貢献”考えさせれれる一日でした。


>戻る
HOMEオンラインショップショッピングガイドユーザーサポート店舗&オフィスお問い合わせ通信販売規約プライバシー